10日のアジア株式相場は上昇。先週発表された6月の米雇用統計が予想以上に堅調で、世界の景気回復に対する投資家の信頼感が強まった。業種別ではテクノロジー銘柄の指数が高く、相場全体をけん引している。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午前10時30分(日本時間同11時30分)現在、前週末比0.4%高の153.35。韓国のサムスン電子が上場来高値となった。

  香港市場ではハンセン指数が0.8%高。オーストラリアのS&P/ASX200指数は0.7%上昇。

  シプタダナ証券のセールス責任者ジョン・テジャ氏(ジャカルタ在勤)は、「世界的景気回復の持続性を巡り米雇用統計が10日の株式市場に前向きな地合いを提供し、投資家はこのトレンドが今後数四半期の企業利益改善につながると期待している」と述べた。

原題:Asian Stocks Gain as U.S. Payrolls Boost Confidence on Outlook(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE