中国国有の海運会社、中遠海運は香港特別行政区の董建華・元行政長官の一族が経営権を持つコンテナ海運会社、東方海外国際に対し、63億ドル(約7180億円)の買収提案を行い、東方海外は同案を受け入れた。買収が実現すれば、輸送能力で世界3位の海運会社が誕生する。

  香港証券取引所への9日の届け出によれば、中遠海運は東方海外国際の株主に対し、1株当たり現金78.67香港ドル(約1150円)を支払う。これは東方海外株の7日終値を31%上回る水準。1969年に東方海外貨櫃航運を創設した董建華氏の一族はこの提案を受け入れた。ただ、買収成立には当局と中遠海運株主の承認が必要。

原題:Cosco Shipping Offers to Buy Orient Overseas for $6.3 Billion(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE