中国の外貨準備高は6月に5カ月連続で増えた。人民元相場が安定していたことに加え、本土外に資金を移す投資家の動きも一服した。

  中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した6月末の外貨準備高は3兆570億ドル(約348兆円)。5月末に比べて32億2000万ドル増えた。ブルームバーグがまとめた市場調査では3兆610億ドルと見込まれていた。

  ソシエテ・ジェネラルの中国担当チーフエコノミスト、姚煒氏(パリ在勤)は「中国が直面する資本流出圧力は和らいでいるが、なくなったわけではない」とし、人民銀は元を支えるために依然として外貨準備を取り崩さざるを得なかったようだと分析した。

原題:China Foreign Reserves Rise a Fifth Month as Yuan Stabilizes (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE