英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は中国の証券合弁事業の持ち株を合弁パートナーの国聯証券に3億5400万元(約59億円)で売却する。中国本土での合弁から撤退する外国銀行がまた増えた。

  6日の香港証券取引所への届け出によれば、RBSは合弁会社である華英証券の33.3%株式を2億6640万元で取得したが、これを同社の2015年時点の監査済み純資産の1.2倍相当で売却。全株を国聯証券が保有することになる。

  国聯証券の発表資料によると、華英証券の昨年の利益は1億3520万元と、前年比24%増加。昨年12月時点で9億8230万元の資産を保有していた。

原題:RBS to Exit Chinese Securities Venture in $52 Million Sale (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE