どうにも面倒な話に聞こえるが、米バスキン・ロビンスはできると言う。同社は夏場の暑さの中、アイスクリームを消費者に宅配するサービスを始めた。

  バスキン・ロビンスのアイスクリーム店チェーンは、日本では「サーティワンアイスクリーム」の名称で知られる。同社の米国内の店舗のうち600店余りが、ドアダッシュというフードデリバリー業者を通じてアイスクリームやミルクシェイク、サンデー、ケーキの宅配を始めた。

  アイスクリームは店舗と同じようにスクープですくった形で届けられる。バスキン・ロビンスはテストを繰り返してサービス開始にこぎ着けた。ドアダッシュは元の形を崩さないよう断熱ケースを使用している。

  バスキン・ロビンスのマーケティング担当副社長、キャロル・オースティン氏は「利便性や即座に得られる満足。それが非常に大きな消費者ニーズだ」と話す。同社はダンキンブランズ・グループ傘下企業。

原題:Baskin-Robbins Takes on Messy Job of U.S. Ice Cream Delivery (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE