米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長は6日、米政府の政策を巡る不確実性が企業の投資に悪影響を及ぼしているため、経済成長を抑制している可能性があるとの見解を示した。

  フィッシャー副議長はマサチューセッツ州ビンヤードヘブンでの講演向け原稿で、米企業の「慎重な投資アプローチ」は「政策環境を巡る不確実性を一部反映している可能性がある」と指摘。「政府の政策の方向性をより明確にすることで不確実性による鈍化を和らげることが非常に望ましい」と述べた。

  同副議長はホワイトハウスと米議会が生活水準向上を促進できる方法の例として研究開発やインフラ、教育、公衆衛生への政府支出に言及。「政府の政策は民間セクターが顧みないニーズに対処できるときに最も機能する」と指摘した。
  

原題:Fed’s Fischer Says Fiscal-Policy Uncertainty Denting Investment(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE