英労働党のコービン党首は、欧州連合(EU)側の離脱交渉責任者を務めるミシェル・バルニエ氏と来週会談する。同氏は6日、再度の総選挙に臨む用意もあるとし、政権奪取への意欲を示した。

  コービン党首はロンドンでブルームバーグ・テレビジョンのインタビューに応じ、13日にバルニエ氏と「長めの会合」を持つと明らかにした。EU関係者はこの会談予定を確認し、コービン氏が要請してきたと付け加えた。

  この発表はコービン氏の自信を示す。メイ首相の政策ミスも重なり、コービン氏率いる労働党は最近の世論調査で与党・保守党を上回っている。コービン氏はこのインタビューで、「状況は急速に変わり得る。いずれかの時点で再度の総選挙がある可能性がある。いつかはわからないが、われわれはそれに備えている。個人的にはかなり用意ができている」と語った。

原題:Corbyn to Talk Brexit With EU’s Barnier, Sensing May Won’t Last(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE