5月の米貿易赤字は前月から縮小した。輸出額が2015年4月以降で最大となり、世界経済の回復を裏付ける格好となった。

  米商務省が6日発表した5月の貿易収支統計によると、財とサービスを合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月比2.3%減少して465億ドル。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は463億ドルだった。4月は476億ドル。

  5月の輸出額は0.4%増の1920億ドル。自動車や消費財が伸びた。

  一方で輸入額は0.1%減の2385億ドルだった。資本財の輸入は過去最大となったが、自動車や消費財が減った。

  国内総生産(GDP)の算出に使用されるインフレの影響を除いた実質財収支の赤字は628億ドルと、前月の638億ドルから縮小した。

  財の貿易赤字を国別(季節調整前ベース)に見ると、対メキシコが73億ドルに拡大し、2007年10月以降で最大。対中国は316億ドルに拡大した。

  石油を除くと、財とサービスを合わせた貿易赤字は403億ドルと、前月の421億ドルから縮小した。

原題:U.S. Trade Gap Narrows as Exports Rise to Highest in Two Years(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE