欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル軟調、民間雇用統計が予想下回る-対円ほぼ横ばい

  6日のニューヨーク外国為替市場ではドルが軟調な展開。朝方発表された米民間部門の雇用統計で雇用者数が予想を下回る伸びにとどまったことに反応した。この日はまた世界的に国債が売られる展開となったが、利回りの上げ幅はユーロ圏の国債が米国債を上回った。

  ドルは主要10通貨の過半数に対して値下がり。この日は米東部時間夜に連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長の講演が予定され、7日には6月の米雇用統計の発表も控えていることから、市場では引き続きリスクが敬遠されている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%下落。

  ドルは対ユーロでは0.6%下げて1ユーロ=1.1423ドル。対円ではほぼ変わらずの1ドル=113円22銭。欧州時間には113円47銭に上げる場面もあった。

  給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが発表した給与名簿に基づく集計調査によると、6月の民間雇用者数は15万8000人増加。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は18万8000人増だった。前月は23万人増(速報25万3000人増)に下方修正された。

  この統計の発表後、ドル指数は下げを拡大。さらにその後、欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのバイトマン独連銀総裁が「景気回復の持続が金融政策正常化の展望を開く」、タイミングとペースは「インフレの持続性次第」と発言。ECB政策委員会の議事要旨での慎重ながらも明るいトーンがあらためて示されると、ドルは下げ足を速めた。

  この日は世界的な国債売りで欧州や米国の国債利回りは上昇。独10年債利回りは9bp超上げて1年半ぶり高水準となった。一方で米10年債利回りは最大で約7bp上昇。ユーロに有利な状況となった。
    
  6月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比17万8000人増と市場で見込まれている。5月は13万8000人増だった。また6月の失業率は4.3%で横ばいと市場は予想。金融当局がインフレ指標に目を向ける中、市場では平均時給も注目されている。
原題:Dollar Sinks as Global Yields Rise, ADP Employment Disappoints(抜粋)

◎米国株:反落、中銀のタカ派傾斜受けた債券利回り上昇が響く

  6日の米国株相場は反落。先進諸国の中央銀行がタカ派的な姿勢を強めていることから金融市場の波乱が続き、S&P500種株価指数は5月半ば以来の安値で引けた。

  S&P500種株価指数は前日比0.9%安の2409.75。50日移動平均の2413.54を下回って引けた。ダウ工業株30種平均は158.13ドル(0.7%)安の21320.04ドル。ナスダック総合指数は1.0%下げた。

  ここ数週間では、金融緩和政策の解除に向かうアジア、欧州、米国の中銀からよりタカ派に傾いた発信が続いている。米国の経済指標が成長減速の可能性を示唆する中で、国債利回りの上昇が株式相場を圧迫し始めた。

  この日は米10年債利回りが2.37%に上昇した。給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが発表した調査では、6月の米民間部門の雇用者数が15万8000人増に減速し、市場予想を下回った。
  S&P500種の業種別では全11指数が下落。中でも電気通信サービスや不動産の下げが目立った。

  個別銘柄ではゼネラル・エレクトリック(GE)が下落。JPモルガンのアナリスト、スティーブン・トゥザ氏が目標株価を市場予想で最も低い22ドルに下方修正したことが響いた。
原題:U.S. Stocks Drop Most Since May, Bond Rout Worsens: Markets Wrap(抜粋)
原題:General Electric Falls as JPMorgan Cuts PT to Street-Low $22(抜粋)

◎米国債:下落、独仏など欧州債の売りが影響-米雇用統計控え

  6日の米国債は下落。償還期限が長めの国債を中心に売られた。欧州債市場では主要国債をはじめ全般的に売りを浴びた。先進国の中央銀行当局者が示すタカ派的な姿勢が引き続き金融市場に影響を及ぼしている。7日は米労働省が6月の雇用統計を発表する。

  ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して2.37%。30年債利回りは6bp上昇して2.90%だった。
  
  米ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)は債券売りについて、まだ始まったばかりだとの認識を示した。

  ここ数週間では金融緩和政策の解除に向かうアジア、欧州、米国の中銀からよりタカ派に傾いた発信が続いている。

  給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートによると、6月の民間雇用者数は15万8000人増加。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は18万8000人増だった。7日発表の米雇用統計では17万8000人の雇用増が見込まれている。

  欧州中央銀行(ECB)は6月の政策委員会で、必要があれば債券購入プログラムを拡大するという文言を声明から削除することを検討した。6日に公表された同月7、8両日の議事要旨が示した。

  この日の欧州債市場ではドイツ10年債が下落。利回りは重要な水準とみなされていた0.50%を上抜いた。この日のフランス債入札で結果が芳しくなかったことを受け、欧州債は売られた。
原題:U.S. Stocks Drop Most Since May, Bond Rout Worsens: Markets Wrap(抜粋)
Treasuries Bear Steepen as EGB Sell-Off Weighs Ahead of Jobs(抜粋)

◎NY金:続伸、米民間雇用統計が市場予想を下回る

  6日のニューヨーク金先物相場は小幅続伸。米民間雇用統計が市場予想を下回ったことを受け、ドルが下落したことが背景。FOMCが金融政策引き締めにおいてより慎重なアプローチを取る可能性があるとの観測が強まった。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比0.1%高の1オンス=1223.30ドルで終了。

  弱い雇用のデータを受けて「投資家らは若干慎重になった」-シンク・マーケッツUKのチーフマーケットアナリスト、ナイーム・アスラム氏「雇用統計の数字も弱いとなれば、FOMCの利上げに疑問が生じる」。「これら全てが金への追い風になっている」。

  銀先物も上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナ先物は値上がり、パラジウムは下落。
原題:PRECIOUS: Gold Rises a Second Day as U.S. Employment Data Misses(抜粋)

◎NY原油:反発、在庫減で買い-生産増を嫌気して伸び悩み

  6日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は反発。原油とガソリンの在庫減少を受けて買いが入った。ただ、米国の生産が増加したことが上値を抑え、46ドルを下回って終えた。

  エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は電話取材に対し、「在庫統計でいったんは大きく上昇した。かなり強気な内容であるのは明白だが、国内生産の大幅増など統計の中には弱気な部分もあった」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比39セント(0.86%)高い1バレル=45.52ドルで終了。一時は3%余り上げる場面もあった。ロンドンICEの北海ブレント9月限は32セント高の48.11ドル。
原題:Oil Closes Below $46 as U.S. Output Gain Offsets Stockpile Drop(抜粋)

◎欧州株:下落、銀行株は堅調-ドイツ債利回り17カ月ぶり高水準に上昇

  6日の欧州株式相場はドイツ債とともに下落。欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは約1年5カ月ぶりの高水準に達した。

  欧州株の指標であるストックス欧州600指数は前日比0.7%安の380.43で終了。これは1週間ぶりの大きな下げ幅。ドイツ10年債利回りは9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し0.56%と、2016年1月以来の高水準となった。フランス債入札で30年債の需要後退が明らかになったことが背景にある。

  ストックス600の業種別指数では、銀行株指数が0.7%高で上昇率首位。ここ1カ月は全般的に株価が軟調だが、利上げ観測やスペインとイタリアの銀行救済などを手掛かりに銀行株は買われている。一方、この日の取引では建設株と製薬株、旅行関連銘柄が大きく下げた。
原題:Europe Stocks Drop as Benchmark Debt Yield Reaches 17-Month High(抜粋)

◎欧州債:ドイツ10年債下落、利回り0.5%突破-フランス債入札が重し

  6日の欧州債市場ではドイツ10年債が下落。利回りは重要な水準とみなされていた0.50%を上抜き、10bp上昇の0.57%前後で終了した。この日のフランス債入札で結果が芳しくなかったことを受け、欧州債は全般的に売られた。

  ドイツ10年債利回りは1年5カ月ぶりの高水準に達した。午後は周辺国と準中核国も軟調となった。

  アセットスワップは幅広い年限で下落。現物と先物の売りで国債はアンダーパフォーマンスとなり、5年物と10年物の利回り格差は約3bp縮まった。
原題:Bund Yields Surge as 0.50% Breaks; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE