シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)はトレーディングリスクの抑制を目指す国際的な規制の実施を1年延期すると銀行側に伝えた。ロイター通信が報じた。

  ロイターがこの問題で説明を受けた2人の関係者からの情報を引用したところでは、MASはいわゆる「トレーディング勘定の抜本的改定(FRTB)」の適用延期を国内の銀行に先月の書面で通知した。

最新の銀行規則、FRTBに備えよう-自己資本の最低要件は上昇へ

  MASの報道官は、銀行資本規制「バーゼル3」の改革について、MASが「完全実施にコミットしている」とコメントした。

原題:Singapore to Delay Market Risk Rules for Banks, Reuters Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE