パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の「PIMCOインカム・ファンド」の運用資産は先月、889億ドル(約10兆円)に増加し、アクティブ運用で世界最大の債券ファンドの地位を維持した。同社のウェブサイトに5日掲載されたデータで明らかになった。

  ブルームバーグの推計によると、6月のインカム・ファンドへの資金純流入額は26億ドル。2017年上期は156億ドル、16年全体では169億ドルだった。

  インカム・ファンドの年初から7月3日までのリターンはプラス5.3%と、95%の同種のファンドを上回った。ダン・アイバシン氏とアルフレッド・ムラタ氏が運用する同ファンドは3月、「メトロポリタン・ウエスト・トータル・リターン・ボンド・ファンド」を抜いて、アクティブ運用で最大の債券投資信託となった。

  一方、「PIMCOトータル・リターン・ファンド」からは資金流出が続いた。投資家は6月、同ファンドから約6億ドルを引き揚げた。

原題:Pimco Income Fund Grows to $88.9 Billion as Inflows Continue(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE