カタールとの国交を断絶した中東4カ国は5日、同国が危機を終わらせるための要求に「否定的」で、事態の重大性を認識していないと述べたが、新たな制裁措置は見送った。

  エジプトのシュクリ外相は同国とサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンを代表して声明を読み上げ、カタールの回答について「現状に満足しており、問題の根本的な原因に向き合い、政策や慣行を見直す真剣な姿勢は見られなかった」と述べた。

  中東4カ国は1カ月にわたるカタールとの対立について協議するためカイロで会合を開いた。4カ国は13項目の要求を出し、カタールの回答期限が過ぎていた。

原題:Saudi Bloc Slams Qatar But Stops Short of Imposing New Sanctions(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE