5日の米株式市場では米自動車部品小売りのオライリー・オートモーティブの株価が急落。4ー6月(第2四半期)の既存店売上高が会社予想を下回ったのが手掛かり。同業他社も連れ安となった。

  オライリーは5日付の発表文によると、4ー6月期の既存店売上高は1.7%の伸びとなり、会社予想の3-5%増に届かなかった。オライリーは前営業日比で一時21.1%安と、日中では1993年4月以来の大幅な下げとなった。売りは同業のアドバンス・オート・パーツ、オートゾーンにも広がり、一時はそれぞれ16%、10%下げた。

原題:O’Reilly Plunges as Sales Miss Shows Retail Slump Continuing (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE