欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:円がしっかり、北朝鮮のミサイル試射で逃避需要

  4日のニューヨーク外国為替市場では円がしっかり。北朝鮮のミサイル試射を受けて、安全な逃避先としての需要が高まった。

  北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射に成功したと発表。「世界のあらゆる地点」を攻撃可能だと表明した。これを受け、ドルは一時0.6%下げ、1ドル=112円74銭を付けた。その後は下げ渋り、113円台に戻した。欧州のトレーダーによると、対円でのユーロはレバレッジを利用した投資家の買いで1ユーロ=128円ちょうど近辺の支持線で下げ止まった。これもドルが対円でこの日の安値を離れた原因となったという。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比0.1%上昇し、1ドル=113円28銭。ユーロは対ドルで0.2%安の1ユーロ=1.1346ドル。対円でも0.2%下げ、1ユーロ=128円54銭。
原題:Yen Leads G-10 Gains as N. Korea Missile Test Spurs Haven Demand(抜粋)

◎米国株:独立記念日の祝日で休場

◎米国債:独立記念日の祝日で休場

◎NY原油:ほぼ変わらず、生産拡大予想が上値抑える

  4日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物はほぼ変わらず。米国の在庫が減少したとの見通しがある一方、石油輸出国機構(OPEC)が生産を拡大したとの予想もある。

  コンサルティング会社ショーク・グループのスティーブン・ショーク社長は電話インタビューで、「強気な局面が続いているが、弱気な需給要因が広がっても意外ではない。製油所の需要シーズンはピークを過ぎている」と述べた。

  ニューヨーク時間午後0時59分現在、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比1セント高い1バレル=47.08ドル。同時刻現在、取引はほとんどない。この日は米独立記念日の祝日に当たり、決済は5日に持ち越される。ロンドンICEの北海ブレント9月限は7セント下落の49.61ドル。
原題:Oil’s Longest Rally in Seven Years Falters as OPEC Supply Rises(抜粋)

◎欧州株:取引終盤に下げ広げる、地政学要因に注目-米休場で薄商い

  4日の欧州株式相場は下落。指標のストックス欧州600指数はここ6営業日で5回目の下げとなった。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射を成功させたと発表したことを受け、地政学的要因が注目された。

  ストックス600指数は前日比0.3%安の382.30で終了。英銀HSBCホールディングスが売りを浴びるなど、取引終盤に下げ幅を広げた。米市場が休場だったことから、出来高は30日平均をほぼ3分の1下回る水準にとどまった。業種別では通信株の下げが最も大きかった。

  トランプ米大統領と習近平中国国家主席は今週ドイツで開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に際し会談を予定している。この直前に実施されたミサイル試射で、北朝鮮の兵器開発プログラムを巡る緊張が激化するリスクが生じた。

  個別銘柄では、オンライン決済処理サービスの英ワールドペイ・グループが28%高と急騰。同社はバンティブとJPモルガン・チェース銀行から買収の可能性について打診されたことを明らかにした。
原題:European Equities Decline in Thin Trading as Respite IsBrief(抜粋)

◎欧州債:独長期債上げ消す、EFSFが新発債発行-イタリア債上昇

  4日の欧州債市場ではドイツ長期債が上げを消す展開。北朝鮮が大
陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射を初めて成功させたと発表し、質
への逃避の動きから朝方は買われた。だが、欧州金融安定ファシリティ
ー(EFSF)の債券発行価格が決定される時間にかけて値を戻した。
この発行で中核国債の超長期債には売り圧力が続いた。

  米休場に伴い、ドイツ国債先物は狭いレンジ内での取引に終始し
た。

  EFSFは8年債を25億ユーロ、31年債を35億ユーロそれぞれ発行
すると発表。出来高は10日平均の60%程度。

  イタリア国債は上昇。ECBが公表した国債購入プログラムの月次
データで、ECBへの出資割合に対し同国債の購入規模が引き続き大き
かったことが判明した。
原題:German Bond Risk-Off Bid Fades; End-of-Day Curves,Spreads、ECB’s ‘Flexible’ QE Model Falls Short on German BondPurchases(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE