ヘッジファンド運営会社のマン・グループは、クオンツ投資部門の一つを閉鎖した。他の戦略に注力することを決めたと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報が非公開だとして匿名を条件に語った関係者によると、マン・グループのAHL部門の一部である「クオンツ・インキュベーティング」部門は約1年前に、新たな収益源を模索するため設立された。フランソワ・モロー、ヤコ・フェルマーク両氏が率いていた「オクソン」部門は数学的モデルを用いてさまざまな資産クラスに投資する個々の運用者に資金を振り分けていた。両氏はマンにとどまるが、同部門の5人の運用者は退社したと関係者が述べた。

  関係者によれば、マンでかねてからコンピューター主導の取引を手掛けてきたファンドには影響がない。マンの広報担当者はコメントを控えた。  

原題:Hedge Fund Man Group Said to Shut Quant Incubator After a Year(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE