スウェーデン中央銀行は4日、政策金利据え置きと、政策の緩和バイアス解除を発表した。インフレ率の上昇傾向が固まりつつあるとの見方から、タカ派に傾斜する中銀の仲間に加わった。

  スウェーデン中銀は政策金利のレポ金利をマイナス0.5%で据え置いた。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査で22人全員が予想した通りだった。中銀はまた、当面の追加利下げの可能性を否定し、政策金利は2018年半ばまで現行水準にとどまるとの見通しを示した。

  中銀は声明で「インフレ率が最近、予想を若干上回る上昇を続けていることと、海外からの悪影響のリスクが低下したと考えられることから、政策金利のレポ金利をさらに引き下げる可能性は目先後退した」と説明。「将来の追加利下げの可能性を排除するものではない」と付け加えた。

原題:Swedish Central Bank Joins Its Peers in Ditching Easing Bias(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE