スペインのデギンドス経済・産業・競争力相は、同国の銀行ポプラール・エスパニョール銀行の身売りに伴い投資家に損失負担を強制したことについて、「全ての決定を行ったのは、欧州単独の監督機関である欧州中央銀行(ECB)と単一破綻処理委員会(SRB)だ」と述べ、スペイン当局は決定を実行しただけだと主張した。

  先月発表された国内最大手行サンタンデール銀行へのポプラール銀の身売りでは、同行の株式と劣後債の保有者に損失負担が強制され、米債券ファンド運営会社パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)などが損害賠償を求める法的措置を検討している。

原題:Spain Passes Buck to ECB as Pimco Seeks Retribution for Popular(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE