東京都議選で自民党が大敗を喫したのを受けて、資産運用会社ロジャーズ・インベストメント・アドバイザーズを率いるエド・ロジャーズ氏は、国政レベルでも安倍晋三政権は経済重視路線への回帰を求められるとして、日本株の「大きな買いシグナル」とみている。

  ロジャーズ氏は、ブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで、都議選の結果は安倍政権が憲法改正よりも経済改革に取り組むべきだとの「警鐘」になったと述べた。同氏は「安倍首相は今、本当に冷や汗をかいているはずだ」と指摘。精力を経済に振り向けるべきであり、そうしないと有権者から退出を迫られるだろうと述べた。

  2日投開票が行われた都議選で、自民党は現有議席の半数以下と過去最低となる大敗を喫したが、日本株は週明け以降、上昇し続けている。

  都民ファーストの会が第1党に躍進し、都議会での小池百合子知事の支持基盤が固まったことについては、知事が「国際金融都市構想」を打ち出していることから、ポジティブだとの考えを示した。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE