国内金融機関の平均年間給与は、スルガ銀行が85地方銀行の中で首位で、大手行の三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行の水準を上回っていることが、ブルームバーグ・ニュースの集計で分かった。

  スルガ銀行が1531人の従業員に支払った年間の平均の給与は、賞与と基準外賃金を入れて810万6000円(平均年齢は42.5歳)で地銀首位。2位は静岡銀行で、千葉銀行阿波銀行群馬銀行と続いている。各行がこのほど金融庁に提出した有価証券報告書をまとめた。

  明治28年に設立、静岡県を中心に神奈川県、東京、北海道内に133店舗を持つスルガ銀はユニークなビジネスモデルを持つ。個人が主な顧客で、住宅ローンやカードローンなどを提供、年利8%のロードバイク購入ローンなどの商品もある。マイナス金利の環境下でも同行の2016年度の純利益は5年連続となる過去最高を記録した。

  同行の平均年間給与はメガバンクの最大の三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱東京UFJ銀の773万8000円、みずほフィナンシャルグループのみずほ銀行の744万5000円を上回っている。一方、三井住友銀行は814万8000円と、スルガ銀を抑え銀行全体でトップに立った。

証券では1000万円超も

  地銀、都市銀行、証券会社全体では、野村ホールディングスの野村証券が1087万1600円でトップだった。大和証券と極東証券がこれに続いている。野村は4月から新入社員の初任給を24万5000円に、また若手社員の給与水準を2%程度4年連続となる引き上げを実施した。

  今回のランキングには外国資本の金融機関は含んでいない。また信託銀行や政府系金融機関も除外されている。統合などにより設立された持ち株会社では、子銀行の給与平均を開示していない場合もある。

  スルガ銀の株価は5日、前日比23円(0.8%)高の2773円と16年12月以来の高値を更新して取引を終了した。

【地方銀行トップ10】

順位銀行名金額(千円)
 1スルガ銀行8,106
 2静岡銀行7,637
 3千葉銀行7,327
 4阿波銀行7,265
 5群馬銀行7,163
 6七十七銀行7,160
 7常陽銀行7,135
 8第四銀行7,064
 9百五銀行6,957
10福岡銀行6,899

【国内金融総合ランキング】

1野村証券10,872
2大和証券9,185
3極東証券9,042
4三井住友銀行8,148
5スルガ銀行8,106
6あおぞら銀行7,910
7松井証券7,832
8三菱東京UFJ銀行7,738
9新生銀行7,725
10光世証券7,680

英語記事:Japan’s Biggest Banks Eclipsed by Tiny Competitor on Pay: Chart

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE