ゴールドマン・サックス・グループは、2017年上期の米地方債引き受けランキングで上位10位に入った。ニューヨーク市のハドソンヤード再開発やシカゴ市、ニュージャージー州のショッピング・娯楽センター関連の大型起債引き受けが寄与した。

  ゴールドマンによる州政府および地方自治体発行長期債の引受額は98億ドル(約1兆1100億円)となり、11位から7位に浮上。ブルームバーグ集計のデータによると、ゴールドマンは通年では2014年以降トップ10に入っていない。

  5年連続で首位を維持してきたバンク・オブ・アメリカ(BofA)が今年上期もトップを占め、シティグループが続いた。BofAの引受額は265億ドル、シティは239億ドルだった。

U.S. Municipal Bond Underwriter Ranking
U.S. Municipal Bond Underwriter Ranking

原題:Goldman Leaps Into Ranks of Top Muni Underwriters With Big Sales(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE