フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は2016年6月の就任以来、死者を伴う麻薬撲滅戦争を進めてきた。欧州連合(EU)と国連は、結果的に数千人が死亡している(その多くは自警団による私刑)野蛮な取り締まりを非難している。国内の反応は、少なくとも今のところはそれほど批判的ではなく、むしろ概ね支持されているが、先頭に立って批判していた上院議員は、最終的に逮捕された。人権保護団体は、麻薬撲滅運動は主に都市部の貧困層をターゲットにしており、人道に対する犯罪となっている恐れがあると主張している。

何人が死亡したか

  人権保護団体のヒューマン・ライツ・ウォッチおよびアムネスティ・インターナショナルによれば、撲滅運動開始以降7カ月で死者は7000人以上に達している。フィリピン政府は、この数字は誇張されており、公式統計による死者数は警察によるものが2600人、自警団によるものが1400人と発表している。どちらにせよ、ドゥテルテ大統領就任から1年もたっていない期間の死者数は、マルコス元政権下で戒厳令が敷かれていた1981年までの8年間の死者数を上回っている。タイのタクシン元首相による2000年代初頭の麻薬撲滅戦争では2500人以上が死亡した。

ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅
ドゥテルテ大統領の麻薬撲滅
Bloomberg

ドゥテルテ大統領は誰をターゲットにしているのか

  麻薬取引の総元締め、ディーラー、使用者、すなわちあらゆる違法取引の関係者をターゲットにしている。ドゥテルテ政権はフィリピンの人口約1億人のうち、麻薬中毒者は最大400万人に上ると推計している。だが、政府の危険薬物委員会(DDB)は180万人とみている。現地でシャブと呼ばれているクリスタル・メタンフェタミンが最大の元凶で、その大半は中国から来ている。

国民はドゥテルテ大統領の麻薬撲滅戦争を支持しているか

  国民はその手法よりも目的を支持している。上院の調査が警察の違法行為を暴く前の数字だが、16年12月の調査によるとフィリピン人の80%がドゥテルテ大統領の麻薬撲滅運動に満足していると回答した。他方、78%の国民が自身または知り合いが超法規的な取り締まりに巻き込まれて死亡する恐れがあるとの懸念を示しており、90%が麻薬犯罪の容疑者は生きたまま捕らえられるべきだと回答した。

ドゥテルテ大統領はどのように批判に対応しているか

  ドゥテルテ大統領(72)は麻薬使用は国家的な伝染病だと考えている。大統領は自らに批判的な人々について、社会の利益よりも犯罪者の生命を重視していると反論する。また、人権侵害だとの非難に対しては「犯罪者を殺しても人道に対する犯罪には当たらない。そもそも犯罪者は人間性に欠けているのだから、くそくらえだ。」と発言した。では、殺人事件は減少したのだろうか。数人のならず者警官が韓国人ビジネスマン殺害に関与したことが示された後の1月30日、大統領は一時的に麻薬撲滅運動から警察を外した。警察庁長官は撲滅運動を刷新して3月に再開し、「仮に無血のまま捕らえられなくても、流血を減らしていく」と発表した。だが再開からわずか1週間で、警察は679件の摘発で27人の容疑者を殺害したと発表した。

誰がドゥテルテ大統領を非難しているか

  アムネスティ・インターナショナルは、撲滅運動のターゲットが不当に貧困層に偏っていると主張している。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、国連に虐待の調査を申し立てている。このほかドゥテルテ大統領批判の急先鋒だったレイラ・デリマ上院議員がいるが、同議員は最終的に逮捕された。議員は2月に麻薬取引の罪で起訴され、法相としての任期中に刑務所内における麻薬取引の横行を許していたとされた。議員は容疑を否定し、自身の逮捕の裏には政治的な意図があると反論している。同議員はドゥテルテ大統領と因縁がある。ドゥテルテ大統領が市長を務めていた期間を含め1980年代から始まったダバオ市の自警団と称する私刑集団による殺人行為に関する上院の調査を率いていた。ドゥテルテ大統領は、自身と暗殺者集団を結び付ける証言はでっちあげだと説明している。

麻薬撲滅運動が終了するのはいつか

ドゥテルテ氏は大統領候補として違法な麻薬取引を6カ月以内に撲滅することを公約に掲げて選挙戦を展開。大統領に就任すると、状況が思っていたよりもひどいため撲滅には6年間の任期いっぱいを要する可能性を指摘した。1990年代初めにコロンビア国内の麻薬カルテルと戦ったガビリア元大統領は、麻薬撲滅に軍と警察を投入すると事態を悪化させるだけだとドゥテルテ大統領に警告した。武力を行使したタイの経験からも問題が浮かび上がってくる。タクシン元首相の麻薬撲滅運動での死者の半分以上が麻薬と無関係であったことが公式な調査で判明しているためだ。しかしドゥテルテ大統領は屈せずに、「期間は6年ある。撲滅してみせる」と強気だ。

原題:How Duterte’s Deadly War on Drugs Is Working Out: QuickTake Q&A(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE