アクティビスト(物言う株主)ヘッジファンドのコーベックス・マネジメントはスイスの化学メーカー、クラリアントの株式を積み上げ、同社が計画する米ハンツマン買収を撤回させようとしている。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  同関係者によると、コーベックスのクラリアント株の保有は開示が必要となる3%を上回っており、クラリアントに対して身売りの可能性を含め、ハンツマン買収の代替策を検討するよう求める方針だ。部外秘であることを理由に匿名で語った。

  関係者によれば、コーベックスは、クラリアントのハリオルフ・コットマン最高経営責任者(CEO)が推進するハンツマン買収について、戦略的な根拠が欠けていると考えているという。

  クラリアントの担当者はコメントを控えた。コーベックスにも取材を試みたが、今のところコメントは得られていない。

原題:Clariant Said to Be Targeted by Activist Hedge Fund Corvex (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE