カタールは、同国と国交を断絶し輸送路を遮断したサウジアラビア主導の中東4カ国が要求していた13項目に対して正式に回答した。中東の衛星テレビ、アルアラビーヤが報じた。対立解消に向けてトランプ米大統領やクウェートが仲介役としての取り組みを強めていた。

  アルアラビーヤは回答内容の詳細は明らかにしなかった。サウジとアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、エジプトが対応するために与えた10日間の猶予は3日に期限を迎えたが、クウェートの要請でこれを2日延長することで合意していた。

  4カ国が非難したテロ支援について、カタールは否定。要求リストにはイランとの国交断行や衛星テレビ局アルジャジーラ閉鎖などが含まれている。カタール当局者は受け入れ難いとし、孤立化にも耐える姿勢を示していた。

  トランプ大統領はサウジとUAE、カタールの首脳らと危機についてそれぞれ話し合った。同大統領はサウジ支持を表明していたものの、ティラーソン米国務長官は要求の一部について受け入るのは「極めて難しい」だろうと述べていた。

  エジプト外務省は、4カ国外相が5日にカイロで、カタール問題で協議することを明らかにした。

原題:Qatar Responds to Saudi Bloc Demands as Trump Works Phones (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE