三井住友フィナンシャルグループは3日、傘下の三井住友銀行とSMBC日興証券が独フランクフルトに新たな現地法人を設立すると発表した。同時に三井住友銀は英ロンドンに支店を開設する。ともに英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後を見据えた欧州拠点の体制整備が目的で、取引先企業などの資金ニーズに柔軟に対応していく。

  発表資料によると、銀行と証券が共にフランクフルトに2019年3月に新現法を設立する予定。銀行のロンドン支店は一足早く17年中を計画している。現在、三井住友Fは欧州域内で自由に金融事業を展開できる「パスポート」を英国で取得しているため、EU域内に新現法を設立するなどの対応が求められていた。

  三菱UFJフィナンシャル・グループみずほフィナンシャルグループは、すでに傘下銀行のオランダ現地法人を改称して英国を除く欧州大陸の営業拠点網を集約する体制に移行している。大手証券会社では、野村ホールディングスと大和証券グループ本社がフランクフルトに新拠点を開設する方針を明らかにしている。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE