米フィデリティ・インベストメンツは6月30日、2月に発表した早期退職の募集に1500人余りの従業員が応じたことを明らかにした。

  早期退職パッケージには報酬と医療保険が含まれ、募集の対象は55歳以上で同社に10年以上勤めた従業員3000人。同社は2月の発表当時、コストを削減し、若手やフレッシュな人材に活躍の機会を与える取り組みだと説明していた。

  「結果はわれわれの予想を上回った」と、フィデリティの広報担当ビンセント・ロポーチオ氏が電話インタビューで語った。

  早期退職募集の結果についてはボストン・ビジネス・ジャーナルが先に報じていた。

原題:Fidelity Says More Than 1,500 Employees Took Firm’s Buyout Offer(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE