トランプ米大統領は2日夜(日本時間3日午前)、安倍晋三首相および中国の習近平国家主席とそれぞれ電話で会談し、北朝鮮の核開発問題を中心に話し合った。

  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に対するトランプ大統領の一段と厳しい姿勢や、貿易問題を巡る日本や韓国などへの同大統領の圧力により、あらためて緊張が高まっている中での会談となった。

  今回の電話会談は、ドイツのハンブルクで今週開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議の際の日米、米中首脳会談に先立って行われた。復旦大学(上海)の宋国友教授(国際関係)は「トランプ氏が中国や他のアジアの国々に不満であることが最近の言動で示されている」と語った。

  菅義偉官房長官は3日の記者会見で、北朝鮮に対し中国が圧力を強める必要性で日米首脳が一致したことを明らかにした。

原題:Xi, Abe Get Phone Calls From Trump as North Asia Tensions Rise(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE