米政府、北朝鮮制裁で中国の銀行を対象に追加-金融システムから遮断

  • 丹東銀行は北朝鮮が国際金融システムにアクセスする経路-米財務省
  • 中国を標的にする措置ではない-ムニューシン米財務長官

米トランプ政権は29日、北朝鮮による国際金融システムへのアクセスを遮断する取り組みの一環として、中国の銀行1行と運輸会社1社、個人2人を制裁対象に加えた。

  米政府は、金正恩体制による核開発を可能にさせているとみる中国企業・個人を標的にすることで北朝鮮への圧力を強める。トランプ大統領は、北朝鮮の主要貿易相手としての影響力を行使するよう中国に求めてきたが、最近は進展の乏しさに不満を表していた。

  ムニューシン財務長官は会見で、「われわれはこれら行動で決して中国を標的にしていない」と説明。「われわれは外部の北朝鮮支援者をターゲットとすることにコミットしている」と語り、北朝鮮が核兵器と弾道ミサイルの開発プログラムを断念するまで圧力を強める考えを示した。

  米政府は中国の丹東銀行を国際金融システムから遮断する。財務省は発表資料で、同行は「北朝鮮が米国および国際金融システムにアクセスする経路」となっており、北朝鮮の武器開発プログラムに関与する企業の取引を手助けしているとした。

  ムニューシン長官は、資金の流れを断つことがイランを交渉のテーブルに引き出すのに「極めて効果的」だったと指摘。北朝鮮についても同じ効果を求めているとした。

原題:U.S. Targets Chinese Bank to Ramp Up Pressure on North Korea (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE