29日のニューヨーク外国為替市場ではドルの守勢が続き、円やユーロが上昇した。利上げを進める米金融当局にその他の中央銀行が追随し始めているとの見方を反映したポジション調整が進み、ユーロはドルに対し5月以来の高値を付けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.2%低下。メキシコ・ペソに対して上昇したものの、ユーロやポンド、円、カナダ・ドルといった通貨に対し下落したことが響いた。ドルは対円で1ドル=112円18銭と、前日から0.1%下げた。ユーロはドルに対し0.6%高の1ユーロ=1.1441ドル。

  ドルは円に対しては朝方上昇していたが113円近辺で失速し、米国の株安や米10年債利回りが日中の最高水準から離れたことが重しとなって下落。一時は111円82銭の安値をつけた。

  カナダ・ドルは米ドルに対して続伸。ただ、米原油相場が朝方の上げをほぼ全て消す展開となったことで、上げ幅は縮小した。カナダ・ドルは、同国の金融当局者が近い将来に利上げを検討する可能性を示唆して以来、底堅い展開となっている。

  ポンドもドルに対し続伸し、一時は1.3015ドルに値上がりした。イングランド銀行のチーフエコノミスト、アンディ・ホールデン氏が利上げの可能性を真剣に検討する必要があると述べことが手掛かり。

  6月のドイツ消費者物価指数( CPI)速報値が欧州連合(EU)基準で前年同月比1.5%上昇となり、エコノミスト予想中央値(1.3%)を上回ったこともユーロ買いにつながった。

原題:Yen Climbs to Fresh Session High as Greenback Stays on Defensive(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE