英国では5月の消費者信用が前月に続き2桁台の伸びとなった。イングランド銀行(英中央銀行)は今週、市中銀行を負債バブルのリスクから守る対策を発表したが、その背景を浮き彫りにした。

  中銀の29日発表によると、5月の無担保融資は前年同月比10.3%増。4月と同じ伸び率で、2005年以来の高水準に迫った。前月比では17億ポンド(約2480億円)増と、昨年11月以来の大きな伸びとなった。

  信用の急速な膨張に対応し、中銀は今週、国内銀行に対して景気が悪化し消費者が債務を返済できなくなる事態に備え、合計114億ポンドの追加資本を積ませる計画を打ち出した。

  同中銀は消費者信用が家計債務に占める割合は小さいものの、消費者は住宅ローンよりも無担保ローンでデフォルト(債務不履行)に陥る公算が大きいと指摘した。最も懸念されるのは自動車ローンで、2012年から年20%前後増え続けている。

原題:U.K. May Consumer Borrowing Surges, Showing Why BOE Took Action(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE