29日の香港株式相場は上昇。前日の米市場でS&P500種株価指数が反発した流れを引き継いだ。ハンセン指数はこのままいけば、月間ベースで6カ月連続の上昇で今月の取引を終える。

  ハンセン指数は前日比1.1%高の25965.42で終了。HSBCホールディングス(5 HK)が6.3%上昇し、2009年8月以来の大幅高となった。世界の中央銀行当局者が将来的な利上げを示唆したことで銀行株が買われた。中国銀行(香港、2388 HK)は5営業日続伸し、上場来高値を更新した。
 
  VCアセット・マネジメントのマネジングディレクター、ルイス・ツェ氏(香港在勤)は「28日の米国株上昇が相場を押し上げ反発を促す勢いを与えた」と指摘。習近平・中国国家主席の3日間の香港訪問も始まり「センチメントは総じてに良い」と述べた。

  習主席が香港を訪れるのは2012年の共産党総書記就任以来初めて。香港は7月1日に中国返還20周年を迎える。

  中国本土銘柄で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%上げた。本土市場では上海総合指数が0.5%高で引けた。

原題:Hong Kong Stocks Set for Best Run of Monthly Gains Since 2007(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE