2年前、私は妻となる人に出会った。その後、彼女と過ごしてきた時間は私の人生で最高に幸せな日々であると同時に最も太った時期でもある。1月に結婚した私は3月までには独身時代や最も痩せていた時期に比べて9ポンド(約4キロ)も重くなった。

試した端末の多くを装着する記者
試した端末の多くを装着する記者
Bloomberg

  そこでテクノロジー担当記者として私が最初に目を向けたのは、もちろんハイテク機器だ。ここ数年、片手では収まらない数のウエアラブル端末を入手しても結局、数週間すれば飽きていたが、私の楽観主義は変わらなかった。フィットビットの活動量計の一つを購入し、その後も面白いと思った他の製品の評価用製品をリクエスト。気がつけば17種類の製品を集めていた。

  フィットビットの世界をウエアラブル1.0と考えてみる。最初は歩数を追跡したが、スマートフォンのモーションセンサーの改良で無料の歩数計アプリが登場。業界は心拍数モニターなどに進出した。だが、これらの機器はデータを記録し、見栄えの良いグラフにするだけだった。それをどう扱えば良かったのだろうか。
  
  従来製品のアプローチを自然な次のステップに進めた次世代のウエアラブル端末が消費者の手元に届き始めている。これらの端末は集めた情報を基にエクササイズの最中や後にユーザーに実際に何をすれば良いかを教えてくれる。中には、「AIパーソナル・トレーナー」と称する製品さえある。お約束通りの性能かどうかは端末によって差があるが、一つ確実に言えるのはこれらの端末は従来製品よりも大幅に進歩していることだ。

  だが実際のところ、人間の個人トレーナーよりも優れているのだろうか。私はフィットネス会社ベーシック・トレーニングの創業者ジェニファー・パティ氏に2カ月間のトレーニングを依頼し、ランニングや屋内での体重管理エクササイズ用を中心に各種端末を試してみた。

私の一押し端末

ムーブHRバーン(60ドル=約6730円)

ムーブHRバーンとiPhoneアプリ
ムーブHRバーンとiPhoneアプリ
Bloomberg

  私はこの記事を執筆する前の数カ月間、お決まりの退屈かつスローなペースでの30分のジョギングをしていたが、ムーブHRバーンを使って初めてマンネリから脱した。人気を集めつつある高強度インターバルトレーディング(HIIT)を呼ばれるエクササイズ手法を使うこの端末は、チェストストラップの心拍センサーを搭載し、無料アプリと無線で連携、ユーザーに話し掛ける。屋内でのエクササイズや屋外でのランニング、室内での自転車トレーニングの場面でユーザーをリアルタイムにガイドする。ムーブがコーチになって心拍数をチェックし、十分な強度で運動していれば「上手ですね」と褒め、そうでなければ朗らかな調子で励ます。

お試しの価値あり

ウープ・ストラップ2.0 (500ドル)

ウープ・ストラップ2.0
ウープ・ストラップ2.0
Bloomberg

  一見したところ、このリストバンドは他の心拍モニター搭載活動量計の多くと似ているが、他との違いを際立たせているのは、集めたデータを利用して何をすべきかをウープ・ストラップが教えてくれる点だ。例えば、ウープのアプリが毎朝表示する「回復」スコアを見てみよう。これは数ある中でも心拍変動と呼ばれる指標から判定され、このスコアが低い時はアプリがユーザーに無理しないよう注意する。ウープの「睡眠コーチ」機能も気に入った点で、毎晩寝床に入る必要のある時刻を正確に計算してくれた。とはいえ、私もそうだが大半の人は500ドルもする端末の購入に二の足を踏むだろう。

ジャブラ・スポーツ・パルス・スペシャル・エディション(160ドル)

ジャブラ・スポーツ・パルス
ジャブラ・スポーツ・パルス
Bloomberg

  このワイヤレス・イヤホンは心拍数をモニターし、ブルートゥース経由でアプリと接続してランニング中にコーチ役となる。ただ、ジャブラは指示や励まし、注意などの合図を頻繁には出さなかったため、私はもっとハードにトレーニングしようという気にはならなかった。だが、イヤホンコードが絡まずに走りながら音楽を聴けるだけだとしても購入したいと思うかもしれない。イヤホンで心拍をモニターできるというおまけもある。

これらの端末で私は健康になれたのか?

  私はこの3カ月で7ポンド近く減量した。Wi-Fi接続のボディー+スケールによれば、その大部分は体脂肪だった。以前よりも力強く、身軽になり、服が一段とフィットするように感じる。今回のプロジェクトの開始時と最後に1.5マイル(約2400メートル)を全速力で走り、心臓血管の強さをテストしてみたところ、今は1分以上速く走れるようになった。個人トレーナーのおかげなのか、ウエアラブル端末が要因なのかを知ることはないだろうが、両方が少しずつ影響したに違いないと思う。
  
原題:The Next Frontier of Fitness Gadgets Is Here, and I Tested All of Them (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE