世界の再生可能エネルギー関連事業向け融資でみずほフィナンシャルグループが首位の三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)に肉薄していることが、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)のデータで明らかになった。
*2017年上期(1ー6月)はMUFGが16億9700万ドル(約1900億円)
*みずほFGは同16億6200万ドル(約1870億円)で2位、昨年1年間は5位だった
*国内で注力している太陽光発電事業に関連した融資の獲得が寄与
関連記事へのリンク: みずほFG:世界の再生エネルギー融資で猛追、国内案件が寄与-上期

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE