28日のニューヨーク外国為替場ではポンドやユーロ、カナダ・ドルが上昇。主要中央銀行総裁の発言が材料視される中、ポンドはドルに対し2カ月ぶりの大幅高。ユーロは欧州連合(EU)離脱を決めた英国民投票以来で初めて1ユーロ=1.14ドル寸前の水準まで上昇した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ポンドは対ドルで前日比0.9%高の1ポンド=1.2926ドル。ユーロはドルに対し0.3%高の1ユーロ=1.1378ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下。ドルは円に対して1ドル=112円30銭と、0.1%未満の値下がりだった。

  イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁はこの日、ポルトガルで開催された欧州中央銀行(ECB)フォーラムで、「金融政策委員会(MPC)が認識する問題が解消に向かい、それに伴って金融政策の決定が従来式のものに近づくようになれば、金融政策による景気刺激をいくらか解除することが必要になる公算は大きい」と指摘。今はまだ金融引き締めを開始すべき時でないと慎重だった前週から、姿勢の反転を示す発言と市場は受け止めた。これでポンド・ショートの買い戻しが活発になり、ポンドはドルを含む諸通貨に対して上昇した。

  ユーロは不安定な値動き。ドラギECB総裁がこの日、市場にタカ派的に解釈された前日の自身の発言を訂正も釈明もしなかったことから、一時は1ユーロ=1.1391ドルと2016年6月24日以来の高値に上昇した。

  カナダ・ドルは米ドルに対し1.2%上昇。カナダ銀行(中銀)のポロズ総裁とパターソン副総裁が利上げ検討を示唆した後、2月以来の高値に達した。ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物がこの日続伸したことも、資源国通貨のカナダ・ドルを押し上げた。

  このほか、5月の米中古住宅販売成約指数が前月比で市場予想に反し低下したことが、米ドルの全体的な地合いを悪くした。

原題:Pound, Loonie Soar as Hawkish Central Bankers Roil Markets(抜粋)
原題:Canada July Rate Hike Odds Jump After Poloz Restates Bias(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE