このところ相次ぐ身代金要求型ウイルス(ランサムウエア)によるサイバー攻撃は、米国家安全保障局(NSA)が開発した強力なシステム攻撃ツール「エターナル・ブルー」の流出や、ビットコインなど仮想通貨の台頭を背景に、ランサムウエアがサイバー犯罪の主軸になりつつあることを示した。5月に猛威を振るった「ワナクライ」に続き、27日には新たなランサムウエアによる大規模攻撃が発生した。

  セキュリティー専門家は現時点で、ワナクライの時のようなウイルスの活動を停止させる「キルスイッチ(停止機能)」を見つけておらず、27日に始まったサイバー攻撃は収まる兆候が見られない。

  ランサムウエアが通常のビジネスリスクになってきた背景には、他のサイバー攻撃で利益を得にくくなっていることがある。ウイルス対策ソフトメーカー最大手、米シマンテックによれば、銀行や小売企業は対策を強化しており、ハッカーが盗み出したクレジットカード情報の売値は1件当たり50セントまで下落した。しかしランサムウエアの要求額は上昇を続けており、2015年の平均約300ドルから昨年には1000ドル強に達したという。今月、韓国のウェブホスティング会社が暗号化解除で支払った額は100万ドル(約1億1200万円)強と、過去最高となった。

  ボストンのサイバーセキュリティー会社、バークリー・プロテクツの共同創業者、ジャック・ダナヒー氏は、「ランサムウエアの新バージョンは完全犯罪だ」と指摘。「誰でもできるぐらい極めて簡単で、利益は恐ろしく大きい。3番目の完全犯罪の要件は匿名性だ。誰もが捕まりたくないからだ。こういった理由で増えている」と説明した。

原題:Ransomware Becomes Go-To Hack as Bitcoin Rallies, NSA Tools Leak(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE