米上院共和党のマコネル院内総務ら指導部は27日、ヘルスケア法案の採決を来月4日の独立記念日に伴う休会の後まで延期した。この決定は態度を決めかねている共和党議員にとっては朗報となったが、党の7年来の公約である医療保険制度改革法(オバマケア)撤廃の実現に向け、今後数週間は党内で激しい議論が続く見通しだ。

記者会見場に到着したマコネル氏(中央、27日)
記者会見場に到着したマコネル氏(中央、27日)
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  同党の上院議員らは27日午後、ホワイトハウスを訪れトランプ大統領と会談。オバマケア撤廃を公約に掲げる大統領は、「われわれは問題を解決する」と議員らに語った。

  党内保守派と穏健派の双方から造反者が出て、週内に上院を通過させるというもくろみが外れたマコネル氏は記者団に対し、「党内の会合で立場の違いについての議論を続ける。少なくとも50人の確保に向け引き続き取り組んでいる」と語った。

  ヘルスケア法案の通過には共和党議員52人のうち50人の支持が必要だが、少なくとも5人が採決に持ち込むための動議で反対票を投じる意向を示している。上院は来週休会に入るが、その間も協議は続く見通しだ。休会が明けて3週間でまた8月の休会に入る。

  リサ・マカウスキ議員(共和、アラスカ州)は、共和党議員らは週内に決定する用意ができていないと指摘。採決延期は「重要なステップ」だと述べた。

  同議員を含む穏健派はメディケイド(低所得者向け医療保険制度)の大幅削減を懸念している。一方、保守派は現行法案はオバマケアを完全に撤廃する内容ではないと指摘しており、マコネル氏は双方を満足させる妥協点を見いだす必要がある。

原題:GOP Leaders Delay Health Bill Vote Until After July 4 Recess (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE