27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが下落し、ユーロは上昇した。市場関係者はイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長やドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の発言に注目した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで1.4%高の1ユーロ=1.1339ドル。ドラギ総裁の発言を受けて10カ月ぶり高値をつける場面もあった。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.6%低下。ただドルは円に対しては続伸し、0.4%高の1ドル=112円35銭。

  ドラギ総裁はECB年次フォーラムで「インフレ軌道の重しとなっている要素はまだある」と指摘しながらも、現時点では主に一時的な要素によるものだと話した。一方、イエレン議長はロンドンのイベントでタカ派的な見解をほとんど示さなかったことから、ドルは下落した。

  ユーロは対円でも買われた。一時は1.9%上げて1ユーロ=127円48銭と、約1年3カ月ぶり高値に達した。

  ドルは対円で上昇。米国債利回りの上昇が一定の支援材料となり、一時は112円47銭と約1カ月ぶりの水準に値上がりした。

  国際通貨基金(IMF)は2017年の米経済成長率予測を2.1%に下方修正し、トランプ大統領が推進する減税とインフラ支出拡大で成長が押し上げられるとの想定を予測から除外。米経済には人口の高齢化から生産性の低い伸びに至るさまざまな問題があり、トランプ政権が目指す年間3%の成長は難しいだろうとの判断を示した。これがドルの見通しに一層の不透明感を与えた。

原題:Yellen Offers No Comfort for Dollar; Euro Soars After Draghi(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE