ドイツのコメルツ銀行は事業再編の一環である人員削減の対象となる行員に最低2万ユーロ(約253万円)の退職手当を支払うことを計画している。ブルームバーグが入手した社内文書から分かった。

コメルツ銀
コメルツ銀
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

  勤続年数によってはさらに多くが支給される。文書によると、勤続1年について少なくとも1カ月の総報酬の4分の3が加算される。

  コメルツ銀の広報担当、エリック・ネベル氏はコメントを控えた。

  同行は2020年末までに差し引きで7300人の人員を減らすことを目指している。退職手当についての提案は現在、同行の労働委員会が協議中。決定には同委員会の承認が必要で、会社側は7月13日までに合意できることを望んでいる。

原題:Commerzbank Plans to Offer Minimum of $22,500 Severance Pay(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE