アマゾン・ドット・コムが137億ドル(約1兆5300億円)で自然食品スーパーマーケットチェーンのホールフーズ・マーケットを買収する計画が発表された16日、ホールフーズのジョン・マッケイ最高経営責任者(CEO)は従業員にアマゾンの技術的なイノベーションについて熱心に語りかけていた。

  タウンホールミーティングの記録によると、マッケイ氏は「われわれは先見の明を持つ企業に加わる」と従業員に説明。「こうしたイノベーションの多くを店舗に取り入れることになると思う。多くのテクノロジーを目の当たりにするだろうし、ホールフーズが飛躍的に進化するのを皆さんが自分の目で確かめることになると考えている」と話した。

  アマゾンによる買収を巡る大きな疑問は、ホールフーズの従業員にとってアマゾンのテクノロジーがどのような意味を持つかだ。彼らの仕事は奪われてしまうのだろうか。

  真っ先に変化が表れるのは、消費者の目に入ることはない倉庫になりそうだと専門家らは語る。ロサンゼルスの非営利組織で、小売業者やブランドのイノベーションを支援するセンター・フォー・アドバンシング・リテール・アンド・テクノロジーのゲーリー・ホーキンスCEOは、まず雇用に影響が及ぶ可能性があるのは倉庫であることをこれは示していると話す。アマゾンが物流の自動化を目指す中、レジの仕事は当面無事だろう。

  ホールフーズ買収発表前にブルームバーグが閲覧した企業文書によると、アマゾンは同社の食品小売り戦略全体で自動化が主な強みになるとみている。

  サプライチェーンのコンサルタントで、アマゾンの食品小売り展開に2年間取り組んだブリテン・ラッド氏は、アマゾンは食品ビジネスを対象とした自動化の倉庫ネットワークを構築することを検討している可能性があると指摘。100万平方フィート(約9万3000平方メートル)の広さになりそうで、ホールフーズに加え「アマゾンフレッシュ」「プライムパントリー」などアマゾンによる他の取り組みを支えるには十分な大きさだと言い、労務コストを減らすためロボットと自動化を活用していくとの見方を示した。

  ラッド氏は「顧客に並外れたサービスや新鮮な生鮮食品や野菜、肉を提供するため、できる限り先進的な物流機能を設けることが目標になる」と説明。「アマゾンは生鮮食品を制し、ウォルマートとの闘いに勝つだろう」と話した。

原題:Amazon Robots Poised to Revamp How Whole Foods Runs Warehouses(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE