26日の仮想通貨市場では、ビットコインが一時17%下落したほか、イーサも値下がりが続いた。先週は「フラッシュクラッシュ」と呼ばれる瞬間的急落が起きており、これら仮想通貨が主流として受け入れられるのか不安が強まっている。

  ビットコインは日中取引で一時2255.44ドルに下げ、15日以来の安値となった。ブロックチェーン(分散型デジタル台帳)のイーサリアムを基盤とするイーサは26%下げて221.45ドル。コインデスク・ドットコムの集計データが示した。コインマーケットキャップ・ドットコム集計によると、時価総額で仮想通貨3位のリップルは13%程度値下がりして26セント前後。

  イーサは21日、ネットワーク混雑による取引成立の遅れを背景に急落し、仮想通貨取引所のビットフィネックスやシェイプシフトが取引を停止する事態となった。

  それでもビットコインやイーサは年初来では上げている。年初のイーサは8ドル程度だったため、倍々ゲームで値上がりしたことになる。ビットコインの年初来上昇率は約150%。

原題:Bitcoin, Ether Lead Slide as Digital Currencies Drop From Highs(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE