米アップルは自動運転技術のテストのため、レンタカー会社ハーツ・グローバル・ホールディングスと車のリース契約を結ぶことが明らかになった。アルファベットもエイビス・バジェット・グループと同様の契約を交わしている。ハーツの株価は急伸した。

  カリフォルニア州車両管理局(DMV)が最近公表した文書によれば、アップルはハーツのドンレン車両管理部門からスポーツ型多目的車(SUV)「レクサス RX450h」を借り受ける。アップルが4月にDMVから3台の自動運転車の公道試験の許可を受けた際、文書には貸し手がドンレン、借り手がアップルとされていた。

  アップルの広報担当者はコメントを控えた。ハーツに対し26日にコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

  26日の米株式市場でハーツの終値は13.5%高の10.83ドル。アップルは0.3%安の145.82ドル。

原題:Apple Working With Hertz to Manage Small Autonomous Fleet (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE