26日のニューヨーク外国為替市場でドルは円に対し上昇。朝方発表された米経済指標が予想に届かなかった後に伸び悩んだが、方向を転じ、終盤にかけて上昇幅を広げた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前週末比0.5%上げて1ドル=111円86銭。午後の取引ではストップロスのドル買い注文が発動し、一時は約1カ月ぶり高値となる111円90銭台に乗せた。ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.1182ドル。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上げた。全体の商いはやや控え目だった。

  5月の米耐久財受注は前月比1.1%減と予想以上の減少となり、同月のシカゴ連銀全米活動指数は予想外のマイナスだった。これを受けてドル指数は米国債利回りと共に下げ、0.2%安となる場面があった。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は、トランプ米大統領の政策期待に基づくリフレーショントレードが活況だった1月上旬の水準から、これまでに6%余り下げた。大型の財政刺激策が速やかに導入されるとの期待が低下するにつれ、ドルも下降線をたどっている。

  午後にはドルが円に対し、5月中旬以来の高値となる111円95銭まで買い進まれた。112円近辺にはさらなる売り玉やストップ注文が控えているとみられるほか、5月24日高値の112円13銭がテクニカルな抵抗水準となっている。ドルは今週、リアルマネー勢による月末特有のポジション調整でやや売られる可能性がある。

原題:Dollar Surges Against Yen, Reverses Drop Seen After Soft Data(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE