ドイツ銀行の米国担当チーフエコノミスト、ジョゼフ・ラボーニャ氏が退職した。事情に詳しい複数関係者が明らかにした。

  匿名を条件に人事について明らかにした同関係者の1人によると、ラボーニャ氏は先週、同行を退社した。同氏は別な金融機関に勤務する予定だという。今後はピーター・フーパー氏が引き続き経済予想や分析に関連した業務を行うと、別の関係者が述べた。

  ドイツ銀行の広報担当者はコメントを避けた。

原題:Deutsche Bank’s LaVorgna Said to Exit Chief U.S. Economist Post(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE