メイ英首相、民主統一党との合意確保-政権維持にめど

更新日時
  • 合意に至るまで両党の協力協議は17日間に及んだ
  • 保守党は下院採決でDUP議員の協力が必要

メイ英首相は北アイルランドの民主統一党(DUP)との間で合意を確保した。保守党が過半数割れとなった下院で重要法案を通過させるために不可欠となる協力を取り付け、当面の政権維持にめどが立った。協力の代価として北アイルランドのための歳出拡大を約束した。

  メイ首相とフォスターDUP党首が26日午前に首相官邸で会談し、最終的に合意がまとまった。保守党のウィリアムソン院内幹事長とDUPのベテラン議員ジェフリー・ドナルドソン氏が合意文書に署名し握手をかわす映像を各社が放映した。

  メイ首相は声明で「合意は、女王演説や予算、EU離脱と安全保障関連法案の採決でDUPが保守党を支持することを意味する」とし、「EU離脱のプロセス開始に当たって必要な確実性が得られる。強力で公平な英国社会を作るのにも役立つ」と説明した。

  予想外の結果になった総選挙の後、ようやく合意に至るまで両党の協力協議は17日間に及んだ。メイ首相が下院でDUPの10議員の協力を必要とする中で、北アイルランドのための歳出拡大と英国の欧州連合(EU)離脱が協議の焦点となった。

  フォスター党首が首相官邸前で述べたところによると、政府は今後2年間に北アイルランドのため追加で10億ポンド(約1420億円)を支出する。保守党が選挙前に公約していた公的年金支給額や冬季の暖房費補助金の保証削減も撤回される。

  メイ首相が今後2年間で成立を目指す法案についての採決が今週中に行われるため、合意の成果は早速試されることになる。首相は先週、支持を得やすくしようと法案の数を絞った施政方針を公表したが、野党の労働党と自由民主党は修正を目指している。

Nigel Dodds, Theresa May, Arlene Foster and Jeffrey Donaldson at 10 Downing Street on June 26.

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

原題:May Seals U.K. Governing Deal with Northern Ireland’s DUP(抜粋)
May Seals Billion-Pound Northern Irish Deal to Stay in Power

(第1段落に加筆し第3、5段落を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE