ドイツのIfo経済研究所がまとめた6月の独企業景況感指数は前月から上昇。欧州最大規模の独経済の見通し改善を示す指標が相次ぐ中で過去最高に達した。

  Ifo経済研が26日発表した6月の独企業景況感指数は115.1と5月の114.6から上昇し、1991年以来で最高となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の中央値では114.5への低下が見込まれていた。

   独経済は2016年に5年ぶり高成長を遂げた。それ以降の指標も堅調な景気拡大が続くとの見通しを裏付けている。独連邦銀行(中央銀行)は、健全な雇用市場と強い需要が現在の堅調な拡大ペース維持を確実にするとの見方から、19年までの成長率見通しを上方修正した。

  Ifoの現状指数は124.1と、5月の123.3(改定値)を上回り、期待指数は106.8と前月の106.5から上昇した。

原題:German Ifo Business Confidence Surges to Record High in June(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE