貧しい国から豊かな国へという中国経済の転換が完了するのはまだかなり先で、余力は大きい。

  中国では鄧小平氏が1970年代に導入した経済改革によって急速な工業化と都市化が始まった。同国のこうした奇跡的な成長は、1人当たり国内総生産(GDP)の領域で続く見通しだ。中国の1人当たりGDPは2022年までに166カ国・地域中64位に上昇するとみられる。1992年には133位で、国民の半数余りは1日2ドル未満で暮らしていた。

  国際通貨基金(IMF)のデータを基にブルームバーグが分析したところでは、購買力平価ベースでは中国の現在の1人当たりGDPは1万6676ドル(約185万6000円)と既にブラジルを上回っている。

  中国の1人当たりGDPは向こう5年でメキシコや産油国のアゼルバイジャンといった国を抜き、アルゼンチンに迫るとみられる。製造業主導からサービス業主導への経済構造改革が一部寄与する公算が大きく、一人っ子政策を廃止したことも追い風になり得る。一方でさらなる経済発展は、所得格差の拡大や環境への負荷増大といった代償を伴う恐れがある。

原題:China’s Journey Up Per Capita GDP Ranking Has No End in Sight(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE