タカタが民事再生手続きの適用を申請したことについて、やむを得ない措置と受け止めていると、世耕経産相が記者団に語った。

  • 厳しい事業環境にある中、このような判断を行ったことはやむを得ない措置だと受け止めている
  • 今後は法的手続きに従って一刻も早く事業の再建を行ってもらいたい
  • リコール供給品の途絶などによって市場にさらなる混乱が起こらないようにしていただきたい
  • 影響を受ける取引先、中小企業の資金繰りに万全を期さなければならない
  • 全国の政府系金融機関と中小企業団体などでの相談窓口の設置とタカタと一定の直接取引関係を持つ事業者に対して別枠での100%保証を行うセーフティネット保証1号の発動などの対策を早急に講ずるよう指示した
  • タカタの今後の事業の実施状況や中小企業の影響などについて十分に注視して対応に万全を期したい
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE