週末の北米映画興行収入ランキングは、パラマウント・ピクチャーズのSFシリーズ「トランスフォーマー」最新作が初登場1位となったが、同シリーズとしては最も低調な滑り出しとなった。

  調査会社コムスコアが電子メールで25日配布した資料によれば、「トランスフォーマー/最後の騎士王」の興行収入は推計4530万ドル(約50億4000万円)。ボックスオフィスプロ・ドットコムが見込んでいた4600万ドルとほぼ同水準だった。

  2位にはウォルト・ディズニーの「カーズ/クロスロード」とワーナー・ブラザースの「ワンダーウーマン」が並んだ。興行収入は共に2520万ドル。

原題:‘Transformers’ Movie Fails to Help Box Office Shake Off Doldrums(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE