米ニューヨーク連邦地裁のキャサリン・フォレスト判事は23日、トランプ大統領の長女イバンカ・トランプ氏は同氏の会社がライバル会社の靴のデザインを盗用したとして訴えられた裁判で質問に答える必要があるとの判断を下した。イバンカ氏はホワイトハウスの「政府高官」として多忙で宣誓証言はできないと主張していた。

  同判事はイバンカ氏が自身の会社が販売した靴のデザインで質問への回答に2時間費やす必要があると述べた。

  イタリアのアクアズーラはイバンカ氏のITコレクションと靴メーカー、マーク・フィッシャー・ホールディングスが高級サンダル「ワイルド・シング」を違法にコピーしたと主張していた。

原題:Ivanka Trump Must Answer Questions in ‘Wild Thing’ Shoe Suit (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE