サウジアラビアとエジプト、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンの4カ国は、カタールとの3週間にわたる外交危機を収束させるための要求リストを同国に提示したと、AP通信が報じた。

  APがカタールと断交した4カ国のうち1カ国から文書を入手したとして伝えたところによると、要求は13項目から成る。衛星テレビ局アルジャジーラの閉鎖のほか、イランとの国交断絶、イスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」との関係打ち切り、カタールにあるトルコの軍事基地閉鎖などがリストに盛り込まれた。サウジなど4カ国はカタールに対し、10日以内に対応するよう求めている。

  要求事項は対立解消の仲介役を務めるクウェートを通じ、カタールに通知された。サウジなど4カ国は今月5日、テロ支援などを理由にカタールとの外交関係を断絶し、すべての交通を遮断した。カタールはこの非難を否定、サウジが近隣諸国の支配を試みていると反論した。

原題:Saudi-Led Bloc Presents 13 Demands to End Qatar Crisis, AP Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE