米国の金融環境は2014年8月以降で最も緩和的な状態にある。クレジットスプレッドのタイト化が主因で、米シカゴ連銀の指数によれば、現状よりも緩和的だったことは1973年以降の2320週で76回だけだった。ダドリー・ニューヨーク連銀総裁は19日、利上げにもかかわらず「実際には金融環境の引き締めになっていない」と述べた。

原題:U.S. Enjoying Easiest Financial Conditions in Three Years: Chart(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE